第88回夏のナショナリズム大会、終わる

 
駒苫残念でしたねー、、、、 なんてこれっぽっちも考えてないぼくですが、ぼくの周辺は昨日今日とそういう空気で満ちあふれています。

日曜月曜と試合があった時間帯、街の辻や通りでは街頭のテレビに人だかりが出来、異常なまでのエネルギーで興奮の磁場が形成されていました。

正直ぼくには、彼らが盛り上がる理由がよくわかりません。
ここは小樽ですから、「母校だから」という理由ではないでしょう。
おそらく、「北海道のチームだから」という理由ではないかと考えます。
それ以外に、適当な理由が見あたりませんし。

けれど、そういう理由(出場校と同じ都道府県に住んでいる、という理由)で「ある高校」を応援するという心理は、ぼくにとっては文字にすることさえ違和感のある、さわり心地の悪いものです。

ぼくは兵庫県出身です。
今大会では、東洋大姫路が県代表として甲子園に出場していました。
でもとくに東洋大姫路を応援する気にはなりませんでしたし、おなじく駒苫を応援する気にもなりませんでした。
 
 
 
 
長い余談になりそうだけど・・・、もし兵庫県代表が報徳学園だったなら、ぼくは報徳を応援していたでしょう。

報徳学園は母校ではないですが、家のすぐ近所でしたし、母校にもよく練習試合できていましたし、ぼく自身も(野球じゃないけど)報徳学園には何度となく試合に出掛けていたので、とても親しみがあるのです。
大人の言葉で言えば、「お世話になった学校」という感じです。

「じゃぁ今大会、あんたはどこを応援してたのさ?」、と。

 # どこかを応援しないといけないのかなぁ?

強いて言えば、早稲田実業でした。
優勝したから言うのではありません。
「お世話になった学校」だからです。

1981年の夏の大会 3回戦、早稲田実業 vs 報徳学園の試合は、世間の評価もそうですが、ぼくが見た試合の中でも文句なしにナンバーワンの名勝負でした。

高校野球史にのこる好投手、荒木大輔金村義明との激しい投げ合いになるかと当初思われたいましたが、実際は 8回表までは完全に早稲田ペース。
帰り出すお客さんまで出るくらいの一方的な試合だったものが、8回裏からすべての流れがガラリとひっくり返り、10回裏サヨナラで報徳学園が勝利した試合です。

このときの印象が強烈に残っており、今大会 荒木大輔ばりの好投手を擁す早稲田実業を、あのときのような名勝負を期待して、ひそかに応援していました。

そして実際、目を疑うような防御率を記録して斉藤佑樹は早稲田を優勝へ導き、あのときの試合を越えるようなドラマチックな名勝負を見せてくれました。
 
 
 
 
さて長い余談は終わりです。
高校野球でどこかの高校を応援したいのなら、もちろんどこを応援しようとそれは自由です。

だけど、地元(自分の居住地と同じ都道府県の代表校)だからという理由で、アドレナリン全開で街角のテレビの前で応援する群衆を見るとき、ぼくは戦争前夜を想像せずにはいられません。

「地元だから」とにかく応援する。
「地元だから」手放しで応援する。
そういう人たちを見るのが恐いです。

このひとたちは、わりと簡単な方法で、戦争(自分の居住する地域が、他の地域を征服する戦い)を肯定する(というか、戦争を肯定する考え方を容易に受け入れる)んじゃないだろうかと。

広告

1件のフィードバック

  1. 書かれていることは、よく理解できますし
    僕も、偏狭なナショナリズムは、虫唾が走るほど嫌いです。
    高校野球の熱狂振りには、確かにそのような要素があることはその通りだと思います。

    ただ、今も昔も同じ海や山に囲まれた、文字通り「郷土」と共に生まれ育ち
    若い頃の一時期、都会の住んでいたものからすると
    別の違和感を感じます。

    私たちには、現実に「郷土」と呼べるものが存在します。
    毎年毎年、都会へ巣立っていく人たちを送り出し
    お盆とお正月に彼・彼女たちを迎える
    その時、その一体感を感じます。
    それは、世代を超えたものです。

    都会で生まれ育った人たちには、
    僕が出会った範囲では、同様のメンタリティは感じませんでした。
    (「梅田の○○で遊んだね」なんてものは、同世代だけのものですし)
    ですから、東京の人たちの熱狂には違和感を感じるのです。

    また、北海道の場合は、それは「北海道」と一言では片付けられないほど広く
    上に書いたような「郷土」意識より
    今では死語になってしまった(と聞いてます)「内地」に対する
    ナショナリズム的なものがあるのかもしれません。

    高校野球に熱狂する人たち、そのメンタリティは結構多様なもののように感じます。

  2. > 今では死語になってしまった(と聞いてます)
    > 「内地」に対するナショナリズム的なものが
    > あるのかもしれません

    さすがDJさんの着眼点は鋭いですね。
    ここ北海道には、「北海道ナショナリズム」とでも呼べそうな考え方が確かに存在します。

    たとえば食品に関していえば、とりわけ海産物、酪農産物への思い入れは並々ならぬものがあります。

     # メディアが作りだした、いわゆる「北海道ブランド」
     # が、それを奇妙な角度から後押ししている感じも
     # ありますが。

    海の幸は豊富だし、酪農王国だし、大規模農業が盛んだし、北海道のひとがそれに対して自信や誇りを持っても、不思議ではないと思うかもしれません。

    でも実は、北海道の多くの人たちは、北海道外のそれらに真剣に触れたことがありません。
    そしてそのことに気付いていません。
    「井蛙大海を知らず」、この一言につきます。

     # この話はまた別のときに詳しく書きたいと思います
     
     
     

    「北海道ナショナリズム」から考えたのは、駒苫が北海道中で「うけた」理由のひとつに、道内出身純粋培養選手が多くを占めていた、というのがあるんじゃないか、ということです。

    小樽市には、北照高校というスポーツ名門校があり、昨年の地区大会では決勝まで進み、今大会でも準決勝までいくくらいの、野球でも強豪校です。
    スポーツ名門校の多くがそうであるように、日本各地から生徒を集めチームを作ります。

    もし北照が甲子園に行ってたなら、北海道中でここまで大きくは盛り上がらなかったんじゃないだろうか、と。
    事実、北照のやり方(日本各地から生徒を集めるやり方)に対する批判は、正論から的外れなものまで、露骨なものから婉曲的なものまで、わりとあちこちで耳にします。

    傭兵部隊チームには様々な問題もあるかとは思いますが、市民が抱いている感想の多くは「北海道ナショナリズム」を強く感じさせるものであり、あぁ、この人たちはよそ者を排斥するんだなぁ、と嫌な気持ちになったものです。
     
     
     
    それと、ぼくが高校野球で特に強くどこかを応援しないのは、「甲子園が地元」だったから、というのが少しあるかもしれません。
    夏休みのぼく(ぼくたち)の遊びは、川で泳ぐか甲子園に野球を見にいくか、という二者択一でした。

    外野席はタダでしたし、自転車で行ける距離(今なら絶対行かない距離だけど)でしたから、大会期間中の半分くらいは観戦していました。

    どこかの学校を応援するわけでもなく、ただ野球が見たかったのです。

    また、町のあちらこちらの旅館や民宿には、各地の代表校の選手たちが宿泊し、町のムードとしては兵庫県代表を応援するというよりかは、「今日は○○旅館に泊まってる××商業が出るから応援するか!」という感じが強かったように思います。

  3. 私も、全く興味がなくどこも応援してないし見ませんでしたが、まわりはすごかったです、やはり。

    見てないというと、変人扱いです。「どうして見ないの?」「じゃ、オリンピックも見ないの?どうして?」と不思議がられて、逆に不思議でした。

    「地元だからって応援する意味がわからない。だって、同じ日本だし、同じ地球だし・・やりたい人が好きなことやってるだけなんだから、別に応援する義務もないし」と答えると「・・akiちゃんって、宇宙人??」なんて言われました。

    何の疑問も持たず、あれだけの数の人が興奮して応援していることが本当に不思議。流されすぎ。自分の意思で応援しているようで、実際のところどうなんだろう。

    hamayoさんがそうじゃなくて、安心しました。ここにも宇宙人がいた。

  4. >ぼく自身も(野球じゃないけど)報徳学園に
    hamayoさんは何のスポーツをなさっていたのですか?
    高校野球よりそちらのほうが興味があるので (*^^*ゞ
    教えていただけませんでしょうか~。

  5. akiさんって多分アレでしょ。
    「よさこい(ソーラン)」好きじゃないでしょ?。

    「よさこい」、ぼくはどうも馴染めません。
    踊ってる人たちは楽しそうだけど、美しいとかカッコイイとかよりも、狂気を感じます。
    またそれを見て興奮している群衆にも、恐怖を感じます。

    リオのカーニバルを目指してるそうだけど、どちらかというと軍事パレードの方が近いように思います。

    べつに誰かに迷惑をかけてるわけじゃないし(ぼくはただ、見なけりゃいいだけだから)、当人たちが楽しいんだろうからじゃんじゃんやってもらって構わないんだけど、たのむから誘わないでくれ、、、、と。
     
     
     
    それはさておき、ぼくはオリンピックは好きですよ。
    でも日本チームを特別に応援することはないですね。

    たとえば、「マラソンの○○選手」とか、「大回転の××選手」を応援する、なんていうのはありますが、その人が日本代表だから応援しているのではなく、その選手個人に興味があるから応援します。

    まぁ知名度の点で、日本選手を応援する機会が多くなるのは自然なことではありますが、日本じゃない国の選手も同様に応援しますから、その選手が日本代表の選手と戦うような場面が訪れたとしたら、まわりは「ニッポン!、チャチャチャ」の大声援であっても、日本じゃない国の選手を心静かに応援します。

    その選手の「国籍」というパラメータは、そんなに重要なものなのかなぁ。
     
     
     
     > 「・・akiちゃんって、宇宙人??」なんて言われました
     
     
    「宇宙人」っていうのは、コスモポリタンやアナーキスト、個人主義者などをすべて包含する、新しいカテゴリですね。
    堂々と宇宙人でいましょう。

  6. to 水仙さん

    ぼくは卓球部でした。

    父親がですね、ぜったい体育会系じゃないとダメだというもんだから、体力的にいちばん楽そうな卓球部を選びました。

    そしたらこの学校の卓球部は、シゴキが厳しいことが校内校外に知れ渡っている部でして、そりゃぁもう大変な目にあいました。

    卓球部の面々は、長距離走ではいつもサッカーや野球部員をさしおいて上位でゴールしてましたし、なんせハラ割れてましたから。

  7. >akiさんって多分アレでしょ。
    >「よさこい(ソーラン)」好きじゃないでしょ?。

    大正解です。踊っている人たちの目つきが怖い。そしてまさに「意味がわからない」です。その関係者に「よさこいが嫌い」とは怖くて発言できないほどの怖さです。初対面の人(じゃなくても)にうっかりその話はできないですね。野球と宗教とよさこいの話は禁句です。

    ところで、野球に興味がないわけではなくて、野球のルールはバッチリわかってます。西武ライオンズ時代の石毛宏典が好きでした。だから野球がわからないから見ないということではないのです。そうそう、日ハム?の本拠地がこっちに移った途端日ハムを応援してる人も多すぎ・・。こんなこと言い出したらきりがないほど、色んな気に障ることがあるけど、疲れるので気にしないようにしています。

    (そして内緒にしてますけど、私も9年間卓球部でした・・。まじめにやってた割にあまりうまくないけど。)

  8. hamayoさんとは、共通点が多いのですが
    またまた共通点発見です。

    僕も卓球部でした。

    中学時代、レギュラーは全国大会に出場しましたが
    僕は、学校で留守番でした。

    その2年後、後輩たちは全国制覇してしまいました。

  9. to akiさん

    友達でも仕事仲間でも町内のお隣さんでも、他人ですから多かれ少なかれ自分とは違う考え方を持っているわけで、だから世の中は面白いのですが、どうやっても相容れない相手というのは、やはり出てきてしまいますよね。

    「よさこいが嫌い」だとか、「駒苫旋風の中で早実を応援」なんてのは、北海道の中じゃかなりのマイノリティなので風当たりが強くなる場面も多々あるんだろうけど、逆に自分がマジョリティになるようなケースに遭遇したときは、マイノリティを排斥するような人間にはなっちゃイカンなー、と思っています。
     
     
     
    to DJさん

    ほほぅ卓球部でしたか。
    またまた奇遇ですね~。

    ウチの中学は、個人戦では全国大会レベルの選手が同学年にひとりいましたが、団体戦はいつも近畿大会止まりでした。

    全国制覇は見事ですね。
    素晴らしい。

    ぼくは常にランク7番目(6番目以上が Aクラスレギュラーで、7番目以降は Bクラス)でした。
    一度だけ入れ替え戦で、ランク5位の選手と戦って 1セット目 21:8で取って、2セット目もリードしていたのに、途中で帰宅のチャイムが鳴って休止になり、しかもそのまま正月休みに入ってしまい、休み明けにはこの入れ替え戦もうやむやになってしまって、まぼろしのレギュラーになってしまった思い出があります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中