旭岳で野良テレ終幕 #1:雪洞キャンプ

いつになく早い春の訪れにいちばん驚いていたのは、ヒヨドリでもヒメネズミでもエゾアカガエルでもなく、ぼくたち人間でした。
地上にも低層にも高層にも、このさき寒の戻りを示唆するような要素はまったく見当たらず、名残雪も降る時を忘れてしまったようです。

でもこれだけはあきらめるわけにはいかない。
雪洞キャンプは雪山遊びの集大成なのです。
雪洞を掘らずして春はやって来ないのです。

テレマークは滑るためだけにあらず。
冬の終わりを確信しようともそこに雪がある限り、ぼくらはスキーを履いて重い荷を背負い、森の奥へと歩いていけるのです。

これを今シーズン最後の野良テレと決めたぼくたちは雪をもとめて、北海道の屋根「旭岳」を目指すことにしました。

北海道の屋根 大雪山旭岳

雪がなければ土を掘るのです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



そもそもの計画は、北嶺山に行ったときから始まっていました。
しかしその後、近年まれに見る寡雪と3月に入ってからずっと続く高温により候補地は二転三転。
1週間前になってようやく、旭岳山麓の勇駒別(ゆこまんべつ)に決定したのです。

かつては道央自動車道の北のターミナルだった旭川鷹栖I.C.を下り、東川町の「スーパーチェーンふじ」で買い出しをしたぼくたちは、旭岳めざして東南東に車を走らせます。

秋まき小麦の萌芽が春を告げる穀倉地帯では、白一色の大地から土と緑の大地への場面展開が今まさに進行しており、自然と人間の営みに強いパワーを感じます。

やがて雪解けの水田の向こうに、雄渾なる大雪山が見えてきました。
雄渾なる大雪山

忠別ダムをすぎてもなお積雪は頼りないものでしたが、天人峡温泉との分岐を越えた辺りからみるみる深くなり始め、勇駒別に着くころには誰ひとり雪の心配をする者はいなくなっていました。

雪洞を掘るのに適した沢地形を探し出すべく、夏期の大雪山登山のベースとなる旭岳青少年野営場に分け入ります。
快晴の空のもと、いざ

レイルブレーカーとなってクロカンサーキットを進んでいくと、
レ~イルブレイッカ~. Can't take her.

目の前にコクーンが。
コクーン出現

実はこれキャンプ場の炊事棟なのです。
ここに入って寝ればいいんじゃない? という案もでるくらい魅力的な物体でしたが、それじゃつまらんのでさらに森の奥へと進みます。

勇駒別川とは別に、山向こうの天人峡へと流れていく川の手前で、ちょうどいい塩梅の沢を見つけました。
雪洞建設予定地

ついにミックが八頭身に・・・。

場所さえ決まれば後はただがむしゃらに掘るだけです。
だけども今日は、ぼくとJ君は昼寝をしてればすべてが終わってるという、大臣待遇なのです。

というのも今回は、両腕がユンボで頭がブルドーザロータリ除雪車の足を持つといわれる、現代のキメラのような男(ミスター kacchin)がいるので、ぼくとJ君はなにもすることがないのです。

すげぇーや、手で掘ってるよ。
またの名を人間重機

なにもしてないと寒くなるので、kacchinはんが掘り出した雪塊を遠くに排出するのを手伝うために、少し体を動かします。

鬼に金棒、kacchinはんにショベル。
鬼に金棒、kacchinはんにショベル

己の肉体を重機のように使ってきたkacchinさんはショベルを手にすると、うっとりした目でそれを眺めていました。

昨年のような氷の層が現れたりもせず、適度に柔らかい雪のため穴の内部はどんどん広がっていき、1時間後には早くも勝利宣言まで出るほど順調に掘り進めていました。

がしかし、人ひとりが入れるかなという大きさまで掘ったその直後、恐れていた事態が発生しました。
笹が出てきたのです。
しかもそのほんの数分後には、ついに地面までが顔を出したのです。

これでは到底3人分の容積を掘ることは叶いそうもありません。
かくなるうえは一人一穴に作戦変更。
ぼくとkacchinはんはすぐさま行動を開始しました。

今まで掘ってたすぐ横に、新しい穴を掘るのです。
今日のねぐらを確保するのだ

よく見るとkacchinはんは、かなり危うい場所で作業しています。
高所作業

一人きりでの雪洞作りは、作業効率が著しく悪いです。
二人以上いればバケツリレー方式が使えますが、一人だと「掘る」「出す」「捨てる」を全てこなさないといけないのです。

それでも今回は雪質に助けられました。
掘ること約2時間で、今夜のねぐら完成です。
マイ雪洞の完成

Width:220cm、Depth:130cm、Height:100cm
3ヶ所の棚と2ヶ所の荷物スペースに、燭台とカマド、掘り下げ式玄関を備えた、2人でもじゅうぶん寝られる雪洞です。

kacchinはんの雪洞から見た、ぼくとJ君の雪洞。
それぞれの間隔は内部では 1mくらいしか離れていないでしょう。
kacchinはんの雪洞から見た、ぼくとJ君の雪洞

J君とこは、最初にみんなで掘った穴を利用して左方向へと広げていったL字型雪洞です。
kacchinはんとこは、入口から上へ向かって掘り進めた結果、とてつもなく狭い雪洞になってしまい、まるで「急行きたぐに」の電車三段式寝台を彷彿とさせる出来栄えです。

まだ陽の高いうちに雪洞を完成させたぼくたちは、来るときに見つけたコクーンの中で夕食を食べることにしました。
in cocoon

メニューは今日もジンギスカン。
肉を食らう

いつもと違うことがあるとすればそれは、肉しかないということです。
Mr.オクレは昔、ご飯をおかずにご飯を食べていたそうですが、ぼくたちはこの日、肉をご飯に肉を食べたのです。

葡萄の果実そのものよりもフルーティな小樽ワインが、肉また肉の波状攻撃に安らぎをもたらしてくれます。
ナンボでも飲める小樽ワイン

雪洞での一夜を乗り切るのに十分な熱量を摂取したぼくたちは、さらに直接的に熱を得るために、旭岳温泉白樺荘に出掛けることにしました。
森の奥の雪洞を出て、アルペングリューエンに輝く旭岳を見ながら温泉宿へ歩いて出掛け、そしてまた雪洞へと帰っていくのです。

かつて十勝川をイカダで下ったとき、帯広市で映画館に入ったことがあります。
川から上がり、河川敷の土手を越えると、そこには17万都市が広がっていました。
イカダの上にときどき現れる蚊柱と同じくらいの密度で、通りを人が歩いていました。

そのとき感じた奇妙な感覚を、再びこの日ぼくは感じました。
夢の中で駈け足で走ろうとしてもどうもうまく足が回らない、というのに似た浮遊感です。

地続きの同じ平面上から移動するだけなのに、「こちら」と「そちら」との間には目に見えない霧のようなものが横たわっていて、その空間を通りぬけなければそれぞれの間を行き来することはできない。
そんな不思議な感覚がこの夜、雪洞と温泉旅館を往復するぼくをとらえたのです。

さて、露天風呂でたっぷりと湯浴みしたぼくたちは、再び雪の世界へと帰りました。

雪の斜面に穿たれた暗い穴に、ろうそくの明かりがともります。
雪洞の夜

天頂では、ぎょしゃ座のα星カペラが鋭い光を放っています。
雪洞から見上げる夜空

そのむかし太陽の数千倍の直径があると想像されていたアル・マーズも、そのすぐ脇で輝いています。

ろうそくを灯したままシュラフにもぐり込み、うとうととしていました。
やがて火が消えると、雪洞の中に月光が差し込んできました。
青白い月光を浴びながら、雪洞の夜は更けていきます。

その他の画像

https://hamayo.files.wordpress.com/2011/07/thumbs.html

広告

1件のフィードバック

  1. どーも、こにゃにゃちわ。
    今シーズンからのお付き合いでしたが、どれも楽しい遊びとなって、いやいや、ホントありがとさんでした~
    あの夜は、幻想的なローソクトークに参加しようと思っていたけんど、マイハウスがあの狭さでしょ、出るに出られなくなってね~そのまま爆睡へ・・・ご勘弁を(笑)。

    今回は暖冬のお陰で(あまり良い事ではありませが・・・)、おいらのショボイ装備でも何とか乗り切ることが出来まんした、来るべき来シーズンはちゃんと装備を整えて、冬キャンとかにも同行できれば幸いでんす。
    あわよくば、厳冬期のシュナイダーコースで逝ってみたいものですな(爆)。
    てなわけで、夏山JOYなんかでも絡めたらウレピー限りでんす。

  2. 想定外の春の早さにはやられたけんど、やっぱし現地で大快晴っちゅうのはええもんやな。
    あんだけ紫外線浴びたら顔が黒コゲなんのも納得やわい。

    ワンルームなら3時間で充分作れんのがわかったさかいに、来季の正月休みは幌加内で独りホリリングしてくっかな。
    連泊せんとせっかくのMETAパラ、もったいないし。

    で、板部では未だ未完のイグルーに挑戦すると。
    3人で作るならイグルーの方がおもろそうやん。
    人間ユンボ様がおるさかいにブロックには困らんぞ!(笑)

  3. to kacchinさん

    いやーあの狭さはまさしく電車三段寝台ですよ。
    それも中段ね(笑)。
    来シーズンはぜひともロウソクでスルメでも炙りながらのキャンドルナイトにご参加を。

    装備といやぁ、あの化繊厳冬期モデルにはウケましたな。
    そりゃアレをザックに入れたら他のもん入らんよね。

    夏山JOYもよろしいですなー。
    休みがうまいことあったらぜひ行きましょう。
    全員が撃ち部なだけに、コースタイムは3倍でおねがいしやす。

    to J君

    いやホンマ焦げ焦げよ。
    4日目辺りから皮がめくれてきて顔だけ常夏やわ。

    雪洞が使えるようになると行動半径が広がるねー。
    結局今年も最後の最後での雪洞キャンプになってもうたから、去年ゆうてたことと同じ事になるけーど、あと半月早かったらもっと掘りやすい雪やったんやろうな。

    イグルーは人数おればおるほど早くできるよってに、3人ぐらいがベストやろうね。
    背ぇ高いやつがおるとかなり有利やねんけーど、ワシらみなほとんど同じ身長ですな。。。
    kacchinはんの左腕をクレーンに付け替えてもらうか(笑)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中