ズッキーニの肉詰めとペンネのトマトソースグラタン

ラタトゥイユの記事のときに、ズッキーニの代わりにキュウリを使ったと書きましたが、ナント!灯台下暗し、権蔵さんがズッキーニを育てていました。
キュウリ以上に爆発的な実りかたをするらしく、どんどん食べていかないと大変なことになるのでご近所におすそ分けをしたら、そんなハイカラな野菜は食べ方が分かりません、と言ってもらってくれないそうです。

なんだ、そういうことならぼくがどんどん食べてあげますよってことで貰おうとしたのですが、権蔵さんちのズッキーニはもう終わってしまったとのこと。
それは残念・・・。

権蔵さんちのズッキーニは来年に期待するとして、やはりズッキーニを使って料理をしたい、今年のうちに。
どうあってもズッキーニを! というわけで、権蔵さんちのある集落の農家さんたちが主催する野菜市で、もぎたてのズッキーニを手に入れました。

時期的にいきのいい夏野菜はもうないので、グラタンにしていただきました。
ズッキーニの肉詰めとペンネのトマトソースグラタン

ズッキーニの肉詰めとペンネのトマトソースグラタンです。

ズッキーニを半分に切ってワタを取り、コリアンダーとナツメグで下味をつけた挽肉を詰めます。
味付けは塩とコショウで。
多めのオリーブオイルで転がしながら炒めたら、取り出して輪切りにし、トマトと一緒に20分煮込みます。
茹で上げたペンネと一緒に耐熱皿に入れ、モッツァレラとパルミジャーノを乗せてオーブンで数分。

う~ん、こりゃぁ素朴な田舎料理風で、たいへんおいしく野菜をいただけました。

広告

1件のフィードバック

  1. こんにちは・・・
    結構手の込んだお料理ですね。
    ズッキーニは地元農家産などもたくさん売られているのですが、私はまだ自分では買ってお料理したことがないのです。
    加熱するお料理にはキュウリよりズッキーニのほうが良いですか?
    トマトはよくお味噌汁にしたりするのですが。
    今お腹が空いているので、hamayoさんのこのお料理すごく食べたいです!

  2. 最近よく見られるようになってきましたよね。
    ズッキーニは皮がけっこう固いので、加熱調理しても形は崩れないですね。
    というか、固くて皮をむかないと生では食べられないです。
    見た目はキュウリに似てるけど、実際はカボチャの仲間なので、皮が固いのもうなずけます。

    けっこう簡単なので、ぜひ作ってみてください。
    この手の料理は、分量とか味付けは気分次第でテキトーでもイケますから。

  3. どうもどうもでございます(^Q^)/^ズッキーニーは姉が作ってまして・・花はカボチャ(カボチャの種類でしたね)みたいで果実は天に向かって生育するので最初見たときビックリしました^^。相変わらず発想が素晴らしいレシピですね。パーティで出ると喜ばれるかも。

    いよいよ明日出発でーす(^Q^)/^。情報サンクス!宏楽園に決定したようです。雨女・・・ダイジョウブかな~

  4. ズッキーニづくりはわりとポピュラーなのかしらん。
    権蔵さんも、生育する姿が見ものだゾと言ってたので、さぞかし奇天烈なことになるのでしょうね。

    この料理はほとんど野菜ばっかりなので、すぐにお腹がすいてくるのです。
    見た目とは逆に、暖かいサラダ的な感じかな。

    いよいよ明日ですね。
    でも、でも、いま現在、雷さまがピカピカゴロンゴロンでございます。
    今日のうちに降れば明日は大丈夫、、、かな(笑)。

    ではお気を付けてお越し下さ~い。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中