冷蔵庫の電源を抜きました

 
もうじきぼくは、住みなれた北海道を離れ、福島県の喜多方という町に移ります。
18才のときに北海道へ渡り、今年で22年。
気がつけば、カンサイ人であった年数よりも、道民歴のほうが長くなっておりました。
 
 
カンサイ出身の道民ということで、そのことについては、たびたび人に聞かれたものです。
「いつかは神戸に帰るんでしょ?」。
「もう北海道に骨うずめるんだべさ?」。
たいていはこのいずれかで、ぼく自身、このさきずっと北海道に住みつづけるものとばかり思っていました。
人生というのはわからないものです。
 
 
震災がぼくの行動になにか作用をしたのか、それはわかりません。
作用は無かったと言えば、嘘になるでしょう。
遅かれ早かれ、ぼくはこちらの方へ進んでいたような気はしますが、その意志の強さを測る、秤の役割をしたとは言えると思います。
 
 
文字にすると重たく聞こえるから、言葉はいつも慎重に選ばなくちゃいけない。
誤解や解釈の違いを恐れずに言うと、消費社会とか、市場が幅を利かせてる世界とか、そういうものと少し距離を置いた暮らしができたらなと、考えています。
グッバイ・マクドナルド、グッバイ・セブンイレブン、グッバイ・ダイソー、グッバイ・イオン。
そういうこととは、ちょっと違うのだけど、ま、いいや。
それは今ここで話すことじゃない。
 
 
それからこれは、「もし出来ることなら」なのですが、暮らしの中心で農業に関わることができればいいなと、思っています。
もちろんその困難さといいましょうか、事の重大さは重々理解しています。
言うは易く行なうは難し。
その言葉の意味を体現するだけで終わるかもしれません。
だとしても、やらなくてはいけないと考えています。
どういう形であれ、農業に関わることは、ぼくにとってとても重要なことなのです。
 
 
今ここには、地図もコンパスもなくて、星を見あげて方位を知るのが精いっぱいです。
それでも、目的地の方向を見失わず、そして現在地を正確に測ることさえできれば、歩くのをやめないかぎりいつか目的地にたどり着けることを、ぼくは知っています。
そのためにはまず、足を前に出さないとね。
 
 
北海道でやり残したこと、いっぱいあります。
赤井川カルデラのヤブヤブ外輪山をスキーで踏破して輪っかを描くというのは、学生時代から温めてたプランでした。
流氷の上にテントを張って一晩すごしたかったし、小樽で言えば松倉石にも登りたかった。
三石羊羹、千秋庵のノースマン、壺屋のき花、末武のガトーオノア、もっともっと食べたかった。
樻里花のイカスミカレー、ピアットのクアトロフォルマッジオ、まほろの塩ラーメン、もう一度食べたいよ。
これだけあれば、北海道に遊びにくる口実としては十分かな。
 
 
山でお会いした方、町でお会いした方、BlogやSNSで繋がった方々ともっと遊びたかったし、一度もお会いできなかった方とはお話もしてみたかったです。
今までより、オンラインにあらわれることは少なくなるかもしれませんが、もし見かけたら、かまってやってください。
Blogは続けるつもりでいます。
 
 
そろそろ時間です。
では、ひとまず、これにて。
 
 
これからも、山にいい雪が降りますように。
町には、あまり積もりませんように。
 
広告

1件のフィードバック

  1. 相変わらずの素敵な文章ですね。

    凄く気持ちが伝わって来ました。

    僕も将来自分が朧げに考えている事が実現できるように力を付けて行きたいと思いました。

    目標さえ見失わなければ目的地にきっと辿り着けると思います、これからの人生に乾杯( ^ ^ )/□

    心豊かな人生であらん事をd(^_^o)

    • 力強い声援、ありがとうございます。

      本来のぼくは、臆病で、慎重で、ビビリなんです。
      思いつくかぎりのシミュレーションをし、あらゆるリスクを想定し、万難を排してスタートラインに立つ、そういう人間です。
      でも、さきの震災と原発事故のあと、そういった準備や予測をすることが、無意味とは言わないまでも、どこにも辿り着けないハムスターホイールの中を走ることのように思えてきて、増える一方だったパラメータをひとつひとつ捨てていくと、最後には「やりたいのか、やりたくないのか」だけが残っていました。

      バオさんが考えてる未来が、どんどん形になっていくといいですね。
      最初は線だけのデッサンだったものに、だんだん色が乗っていくのは、ワクワクしますよね。

      いつかおいしい酒が飲める日を、楽しみにしています。
      バオさんの未来にも、乾杯(^o^)/□。

  2. 生まれた県から出たことのない私とは生き方が違いますね。
    私が時々参加していた山登りイベントのスタッフの方も
    hamayoさんと同じくらいの年齢の方ですが、千葉県出身で北海道経由でこちらに来られて何年か過ごされ今月いっぱいで千葉へ帰られるそうです。
    逢うは別れの始めですが、やはり寂しいものです。
    hamayoさんはずっと北海道の方と思っていましたが、人生は一度だけですからやりたいことをなさってください。
    どうかお体にお気をつけてください。
    またpc分からないときは教えてください。^^;

    • 北海道も大好きだし、今までの仕事も好きでしたし、仲間にも恵まれていて、ぼくは自分のいる世界にとても満足していました。
      だから、北海道にいることも、出ることも、どちらの選択肢もぼくがやりたいことであって、そういう意味では、ぼくは幸せなのだと思います。

      小樽の家を出る前の夜、コットンクロスで晩御飯を食べました。
      そのとき、水仙さんもここで食事したことを思い出したのです。
      直接お会いしたことがなくても、こうして繋がったり、場所を共有できるって、素敵なことだなぁって思いました。
      距離は多分、そんなに重要なことではないのかもしれません。

      季節の変わり目は体調を崩しやすいといいます。(ぼくは決まって5月に崩しますが)
      どうかご自愛下さい。
      これからもよろしくお願いします。

  3. こんにちは。

    昨年、山で一緒に働いたり関わったりした仲間が、
    ふたり、山を離れ去り行くとのこと。

    どうするの?

    その問いにふたりとも(別々な立場ですが)

    「農業をやる」

    と答えてくれました。
    僕も土に触って除電しながら生きていければいいのですが、
    普通免許MTが必要なため、早くても秋以降になりそうです。

    もし、土という共通のフィールドで生きていければ
    それはそれでこころ楽しいことですね。

    • 農業をやる、と言うと、まるでボイジャー宇宙探査機に乗り込む人を見送るかのような、悲愴な顔をされることもあったのですが、ぼく自身は地球に一番近いところで地球をお借りして働かせてもらう気でいるので、その説明にはなかなか骨が折れました。

      ところで、いまさん、AT限定免許でしたか。
      MTはいいですよ。
      左足が喜びます。
      ぼくのロゴはATですが。

       > 土という共通のフィールドで生きていく
       
      いいですね。
      「岩と雪」の向こうを張って、「土と水」でも発行しますか。

      松本も近くなりました。
      いつかはご挨拶にうかがわねばと思っております。
      その際は、もしご面倒でなければ、戸谷峰と、それから浅間温泉を案内して下されば、幸甚の極みであります。

  4. いつも見てたのに、
    いつか会いに行こうと思っていたのに、

    また遊びに来てくれって、また一緒に働きたいって、また飲みたいって・・・
     
    すぐに行動できなくって後悔だよ・・・ 

    俺の人生に多大な影響と刺激を与えてくれた、尊敬する君がすぐ近くに居ると思っていたから・・・

    社長に聞いたときにはもう船が出た後だったよ・・

    一生会えないわけじゃないから・・

    君らしい、君しかできない、そんな人生だね!!

    • ぼくも同じことをずっと考えていました。
      いつでも行けると思ってて、いちども行けなかった。
      すぐ行けるのにどうして行かなかったのだろう、って。

      尊敬なんて、ぼくにはもったいない言葉です。
      まちゃきさんは、ずっとぼくの目標でしたから。

      自分で言うのもなんだけど、まちゃきさんがいなくなってからは、ぼくはあの会社でずっとトップを走ってきたと自負しています。
      だけどピンチに陥り、仲間で集まっても解決の糸口が見つからないときは、なぜかまちゃきさんのことが頭に浮かぶことがありました。
      結局のところ、トップを走ってると思ってても、もし今まちゃきさんが戻ってきたらやっぱりかなわないんだろうなって、思ったものです。

      北海道で、やり残したことがまだありました。
      今度こそ、焼き肉、やりましょう。
      ぼくは、ぼくが育てた野菜を持っていきます。

  5. コメントをいただいた皆さま、暖かいお言葉にたいへん感謝しております。
    当方、ただいま多忙を極めておりまして、何をするにも全力疾走、ヘッドスライディングの毎日でございます。
    時間ができましたら、必ずやお返事を書かせていただきますゆえ、いましばらくのご無礼をお許しくださいませ。
    では。

  6. あれから、いろんな変化が身の回りにありました。
    いろんな意識が拡散していきました、時に過剰過敏だったり不信だったり
    そんなつながりが絆ということばの裏側でありました。
    この一年がやけにあわただしいようなスピードで変化して
    流れてくのを感じていたので、ときどき触れる
    hamayoさんの住むスローな世界が好きでした。
    でもまさか、そうなるとは。またパンや山のことなど。
    (名前違うけどフォローさせていただきました)

    • あの日あの瞬間に、文字どおり、いろいろなものが弾け飛んでしまったような気がします。
      自我とか、自分自身までもが、弾け飛んでしまった気がします。
      この一年は、その破片をひとつずつ拾い集めて、もういちど積み上げていく一年でした。

      ぼくはこちらにきて、ますますスローになってしまいました。
      土の上に立っているというだけで、そうなるものでもないだろうから、もっとほかのいろいろな理由があるのだろうと思いますが、一日は28時間、1週間は9日間、そんな毎日をおくっています。
      スローだとはいっても、都市での生活とは違って、やることが多いですね。
      ぼくの時間は、ぼくのものではなくて、地域のものというか、そういう感じがあります。

      大きな山に見守られながら、暮らしていきます。
      まだこの山からは、登りにおいでよという声が聞こえてこないので、しばらくは見上げるだけの日々です。

  7. こんにちは。

    本棚にずっと置いてあって何度も読み返す本みたいに、今でもいつも拝見しています。

    一昨年、「円山のリスを見たい」というよこしまな理由で登山靴を買いました。
    最初は円山に登るのでさえ息切れでしたが、昨年イワオヌプリの帰にりガトーオノアが買えた時は少しの余裕と同時に「美味しい」と思えました。
    麦風のパンはフーズバラエティすぎはらでも買えますが、やはり倶知安で買いたいななんて。
    北海道に生まれたのに食や自然に興味がないなんて勿体ないといわれ続けてきた自分ですが、最近はそれらを楽しめる様になってきました。
    「かわいいは正義」とか言いますが、「おいしいは正義」も加えてほしいなんて偉そうに思ったりする程です。

    まだまだ地図やコンパスを使っても自分がどうしたいのかよくわかりませんが、
    自分に大切なものを探すのに登山は自分には合っている様なので、少しずつ登ってみようと思っています。

    そして僕にとってとても楽しいBlogを今でも見られる様にしておいて頂いて嬉しいです。
    この記事によると喜多方という事ですが、先日の台風が大丈夫だったか心配しています。

    • とってもとってもお久しぶりです。
      ご心配いただきありがとうございます。
      たくさん雨が降ったなぁ、という感じで、畑が水びたしになりましたが、今はもう元通りになりました。

      ぼくは農家として独立し、今年で2年になりました。
      昨年は天候にも恵まれ大豊作のスタートが切れましたが、今年は干魃の後の低温に大雨と、天気に翻弄される年になっています。
      でも、どうにもならない天気を相手に試行錯誤をするというのは、苦しいのに楽しいです。

      山登りを始められたんですね!
      ニセコの山にも行かれてるなんて、すごいです。
      札幌の近くに、あれほど懐が深く、自由で、そして広大な山塊があっただなんて、今となっては信じられません。

      最近はスマートホンのアプリを使えば、地図もコンパスもいらない世の中になりましたが、それでも地図が読めるというのは技能の一つだし、それになんといっても、二次元の地図から三次元の地形を頭の中で復元する作業が楽しいんですよね。
      このあたりの面白さは、天気図にも通ずるかもしれません。

      上空5000m、-24℃の寒気が北海道に迫っています。
      そろそろ大雪の山から初冠雪の便りが届きそうですね。
      秋の山を楽しんで下さい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中