裏山の鹿とツボ足

夜、急に思い立って、幸運のクローバーを描いてみた。
夜、急に思い立って、幸運のクローバーを描いてみた。

雪が消えたら、四つ葉のクローバーを探してみるよ。

続きを読む

広告

白樺山か、目国内岳か。良く晴れた週末に人生を考える

2月の連休、どういうわけか知りませんが、その日は晴れていました。
晴れてしまってごめんなさい、ってくらい見事な青空でした。

野良テレマーク日和です

まだ今年が始まって1ヶ月と半分しか経ってないというのに、2011年の山運を使い切ってしまった感じさえする、ぼくにしてはきわめてめずらしい好天の野良テレとなってしまったのです。

とりあえず白樺峠をめざします。
目国内岳、前目国内岳、白樺山、どこに登るかは歩きながら決めればいいのです。

続きを読む

DENZIさんとお笑いテレマーク道場

この日の札幌国際スキー場には、信じられないような青空が広がっていました。
町でも山でもぼくが行くところ常に雲がわき、天気予報や平年値などをまったく無視するかのような空の荒れっぷりにかつては悪天子爵などとも呼ばれたぼくがテレマークを楽しもうとやってきているにもかかわらず、空は眩しいほどの青なのです。

思わずぱちり。
晴天という理由だけで写真を撮る

これはなにかおかしい。
これは何かが起きる前兆なんだ。

そしてもう一つ、信じられない出来事が起きるのです。

続きを読む

札幌国際でテレマークはじめ

初すべり、行ってきました。
札幌国際は20年ぶりくらいですよ。

キロロか国際かで迷ったんです。
お天気が荒れそうだったので、西風モロなキロロはやばいだろうと、同じ山の反対側にある国際の方が風は吹かないとふんで来たのですが、風については正解でした。
ほぼ無風でしたから。

だけど、とにかく寒かった。
昼頃で、-14度ぐらいだったようです。
リフトに乗ってる人は誰もおらず、皆が皆ゴンドラに乗るけど、そのゴンドラの中も完全に冷凍庫。

動く冷凍庫の中から見るマイ・スキー板

そして雪がとにかく降る降る。
片栗粉みたいな粉雪だけど、ときに夕立みたいな降り方も。

平日なので人もまばらで練習にはうってつけだったのですが、なんとゴンドラに乗り物酔いしてしまって戦線離脱。
そのまま帰りましたとさ。とほほ。

滑りの方はどうだったかって?。
それは聞かないのがオトナのルールってもんですよ。

テレマークブーツとLiquiSole

去年キロロで滑ってたときにお話しした方が、偶然ぼくと同郷のカンサイ出身者でした。
転勤で札幌に来て10年、せっかくだからとスキーを始めてからも10年の彼は、北海道の人はまず根本的に「スキーさばき」が違うと言うのです。
滑っているときだけでなく、スキーを足に付けたその瞬間からスキーを脱ぐまでのあいだ、非雪国のわれわれとは足さばきが決定的に違うと彼は言うのです。

そこで、LiquiSoleですよ!
そこで、LiquiSoleですよ!

え、なにが?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

続きを読む

両古美山で、春の野良テレを満喫

遅い春の訪れ。
ヤマザクラはおろか、コブシの白さえまだ見えず。
山に行けない毎日を、これ以上積み重ねるわけにはいかないと、よく乾かしてしまってあったシールを引っ張り出して向かったのは、積丹半島のリトルジャイアント。

両古美山へ

いつ来ても期待を裏切らない標高806m、両古美山へ。

続きを読む

長峰995m峰 ストップ雪に七転八倒

また裏山ですか?
いえいえ、裏山の裏山です。

裏山の裏山、長峰995m峰

春うららですね。
いえいえ、こう見えて暴風なんです。

長峰の995m峰、滑降派にはキロロの995と言ったほうが通りがいいでしょうか、そのゆるくて広い、長くてやわらかい尾根筋を、テレマークで散歩してきました。

続きを読む

朝里川温泉スキー場は、聞きしにまさるスキー道場でした

今日は朝から雪降りで、しかも午後から吹雪くとの事だったので、野良ではなくスキー場に行ってまいりました。
日曜日ですから、キロロやニセコは大混雑だろうからと、地元のローカルゲレンデ、朝里川温泉スキー場の門を初めて叩いてみました。

頼もう~
↓↓↓↓↓↓↓↓

続きを読む