すいか糖は共和町の秘宝です

  
「知る人ぞ知る」
これはまさに、すいか糖のためにある言葉です。
  
  
道の駅などに置いてある、フリーの観光マップみたいなものによく載っているので、後志近郊の方ならその名前ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。
ぼくもその一人で、存在自体は以前から知っていたものの、どこに行けば手に入るのかという情報がまるでなく、いつしかすいか糖は「まぼろし化」していったのです。
しかしこのたび宿願かないまして、ついにスイカ糖を手に入れることができました。
  
  

スイカ糖

スイカ糖


  
  
続きを読む

プンパニッケル、とどく

以前にも書いた、食工房さんのパンが、福島からおくられてきました。
食工房さんのパンが、福島からおくられてきました。

思いがけないごちそうです。

 

今回は、こんな感じで食べてみます。
左から、山牛蒡の味噌漬け、ラタトゥイユ、胡瓜の甘酒漬けです。

左から、山牛蒡の味噌漬け、ラタトゥイユ、胡瓜の甘酒漬けです。

ラタトゥイユは、前々からこれはプンパニッケルに合うに決まってると思ってて、ずっと試してみたかったのです。
山牛蒡の味噌漬けは、これも味噌漬けを単体で食べてるときから、ライ麦パンと一緒に食べたいなぁと思い続けていたもので、今回ようやく実現しました。

思ったとおり、ドンピシャにおいしかったです。
ラタトゥイユも牛蒡の味噌漬けも、やや酸味がある食べ物なので、それがプンパニッケルの酸味に合うのでしょうか。
ザワークラウトやニシンの酢漬けが定番であることを考えると、まんざら外してないかもしれません。

胡瓜の甘酒漬けは・・・・、胡瓜のまま食べた方がおいしいですね。
甘酒に漬けると、ものすごく繊細な風味が何層にも重なる感じで口の中に広がるのですが、その薄膜感たるや、まるで雲母のような儚さなので、なにかと一緒に食べるものではないような気がしました。

ところで、以前に食工房さんのパンの記事を書いたとき、ニシンの酢漬けがピッタリだと言ったのですが、どうもあれはニシンの山椒漬けだったようです。
ニシンの山椒漬けというのは、福島県は会津地方の郷土食です。

 

福島県スローフード連絡協議会:にしんの山椒漬け
http://www.fukushima-sf.com/data/nishinnosanshouduke.html

 

だけどぼくが北欧で、くる日もくる日も食べ続けたのもニシンの酢漬けで、それと山椒漬けは「まったく同じ」と言っていいくらいにそっくりな味だったのです。
たしかに北欧のものもスパイスがきいてはいましたが、まさか山椒ではないですよね。
調べたわけじゃないけれど、北欧と会津には、過去にさかのぼってもおそらく接点はないんじゃないでしょうか。
まったくもって、料理ってのは不思議なものですね。

ライ麦パンとニシンの酢漬け

ちょっと遅めのお昼ごはんは、ライ麦パンに、ニシンの酢漬けをのせて。

嗚呼、なつかしきSmorrebrod(スモーブロー)
ライ麦パンに、ニシンの酢漬けをのせて

乗せるものは、スモークサーモンやチーズ、小エビ、レバーペースト、ゆで卵などいくつもあったけど、ニシンの酢漬けが定番だった。
当時もそう思ってたし、いまこの瞬間もそれを再確認したんだけど、ライ麦パンとニシンの酢漬けは、パーフェクトな組み合わせだと確信している。

本当に、誇張なく、毎日食べていた。
2ヶ月間以上、来る日もくる日も。
飽きなかったのかって?。
それはない。
絶対に。
Smorrebrodに飽きるってことは、餓死を意味していたから。

このパンは、ぼくが焼いたパンじゃない。
福島県の山都町にある、食工房という、本職のパン屋さんが焼くパンだ。

福島県の山都町にある、食工房というパン屋さんが焼くパン

ぼくはこのパン屋さんのことを、ひそかに「奇跡のパン屋」と呼んでいる。
なにが奇跡かというと、、、いや、やめておこう。
もし飯豊山に福島県側から登る機会があったなら、ぜひここを訪ねていただきたい。
そうすれば、なにが奇跡なのか、分かると思う。

福島県喜多方市山都町の、食工房

食工房
http://shokuko.com/default.aspx

饅頭屋ケンちゃん

ぼくは甘いものが大好きなのです。
晩ごはんの後は、コーヒーと甘いものでまったりします。
だから晩酌はあまりしません。
お酒が飲みたいと思うのは、とびきり(←ここ重要)おいしい料理があるときぐらいのもの。

だけど、いつもいつも甘いもののストックがあるわけじゃありません。
というか、無いときの方が多いくらいです。
甘いものがないときは、ガマンするか、作ってしまうかです。

むふふ。利休まんじゅう、いいかんじ。
むふふ。利休まんじゅう、いいかんじ。

なかなかいい具合にふくらんでおります。

こりゃ職を失ったら饅頭屋だな。

しかし、そのころ蒸籠の下段では、恐ろしいことが進行中だった・・・。

はみあん。
はみあん、な利休まんじゅう

饅頭屋への道は遠く険しいですな。。。

海老でチョコを釣る

昨年の暮れ、各地に贈るお歳暮に頭を悩ませたあげく、けっきょく実家へは海老を届けました。
ホッカイシマエビです。

どうしても生の海老が欲しくて、かなり探しました。
旬でもないし、もともとホッカイシマエビは茹でた方が美味しいということになってるので、生のはなかなか見つからなかったのですが、灯台もと暗しというか、生協のお歳暮カタログにひとつだけあったのです。

母の話によると、ねっとりと濃厚な甘みで、しっかり噛みごたえのある肉感だったそうです。
正味な話し、生のホッカイシマエビなどぼくだって食べたことありませんので、なまつばゴクリと鳴らしながら日本酒のことばかり考えていました。
いいさいいさ、今度はぼくが、羅臼のブドウエビを手に入れてうまい酒を飲むのだ。

続きを読む

悶絶!蛸バトル

お客さんからタコをいただきました。
水産物の会社が多い小樽では、仕事上のつきあいなんかでこういう頂きものは、しばしばあります。
ただいつも問題になるのは、獲物の、いや頂き物の大きさです。
90Lのゴミ袋いっぱいのワカメとか、クルマに乗らないタラバとか。

北海道でタコといえば、マダコではなくミズダコになりますが、ミズダコはとにかくデカイのです。
大きくなると鮫を襲うこともあるといわれるくらいで、スーパーなんかではまるごと1杯ではなく、切った状態で売られることが多いです。
今回いただいたミズダコはそこまで大きくはないけど、マダコに比べればやはりずいぶんと大きくて、当然ながら冷蔵庫には入らず、しばらく家の外に置いておきました。(冬だから凍らせておける)

タコは知能が高いそうですね。
ぼくといい勝負するんじゃないですか。
タコは知能が高いそうですね。ぼくといい勝負するんじゃないですか。

続きを読む

忍路のパン屋、Aigues Vives

歯と歯茎の強さには人一倍の自恃があったのですが、このパンの前でそれはもろくも崩れ落ちました。
ナイフや包丁ではかすり傷ほどしか与えることができず、手で毟ろうとすれば爪が剥がれそうになり、直接かじってみればあちこちから血がにじむ始末。
ベビーサンダーかジグソーが必要かもしれないと、ホーマックへ行くことを考えたほどに、固い、いや堅い、いやいや硬いパンでした。

Aigues Vives のパン

そして思ったのです。
これは、野生のパンだと。

続きを読む

羊蹄山麓(末武洋菓子店)

羊蹄山のおみやげは、これをおいて他にありません。

羊蹄山麓
末武洋菓子店の、羊蹄山麓

末武洋菓子店が作る、クルミのお菓子ガト-オ・ノアと、アーモンドのお菓子のセットです。
珈琲にも紅茶にも、よく合います。

倶知安の町にはなぜか洋菓子店が多いんだけど、ここは別格ですよ。
この店の雰囲気というか佇まいがまた、昔っぽくていいんだなぁ。
ま、それはまたいつか。

夏の最終兵器 タイガー・ボム

こないだ実家の母と話したときに、今年は夏が終わったと思ってもまた暑さがぶり返すから注意しないとダメだよ、なんてことを言ったのですが、まさか北海道が、というか自分がそんな目に遭うとは思ってもみませんでしたよ。

今日に限っては、どうやら神戸よりも暑い小樽は確定のようです。

続きを読む